-------- --:-- | category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-01-02 14:49 | category:徒然
2013年になりましたね。
私、喪中のため、新年のご挨拶はご遠慮させていただきます。
申し訳ありません...

去年の夏に再開させたこのBlogですが、途中でまた放置となり、そのまま新年を迎えてしまいました。
以下、個人的な事です。
決して明るい話題ではないので、読まない方がいいかもです...

web clap



昨年11月に義母が亡くなりました。
昨年の夏ごろから色々大変な事が多いながらも、家族みんなで乗り切ってきました。
私自身、「介護休暇を取ろうか?」とかも考えました。
しかし金銭的な事を考えると、有休消化しつつ頑張ったほうがいいかとも思い...
色々な所に行きました。色々な方達に相談しました。
介護サービスの利用もしました。
こういうのって、自身が直面して初めて解ることなのですが、介護サービスもみんながみんな上手く利用できるわけじゃないんですよね。
だって、サービスを受ける側もそれぞれの性格や考えがあり...
色んな方達との相性もあります。
うちは、とにかく難しかった...
さらには、本当に助けて欲しいときに助けてくれるところはありませんでした。
詳細を書くことはできませんが、介護サービスももうちょっと柔軟な内容になってくれると嬉しい。
だって、これは既婚とか独身とかではなく、親が老いれば、また自分自身が老いれば、必ず直面する問題だから。
金銭面でもそうです。
私ね、自分や旦那の親をいわゆる「老人ホーム」に入れるなんて考えはなかったです。
だけど、自分達だけではどうする事も出来ないんです。
介護サービスを利用しつつでも、利用できなくても、家族だけでは限界があるってことを知りました。
”介護で共倒れになるのだけは避けないと”
また、別の方向へ、新たな道を探している時の義母の急死。
16年同居していた私にも大きな大きなショックでした。

私は、決して良い嫁ではなかった...
義母に甘えてばかりで、何もしてあげられなかった...
そう責める自分を慰めてくれたのは旦那と息子でした。
それでも後悔は尽きません。
私の母も介護をしてきているのですが、その母からの「どれだけ介護で尽くしても、最期を迎えたら何かしらの後悔が残る。完全完璧なんてないんだから」という言葉が蘇りました。
ああしてあげれば良かった。こうしてあげたかった...
これからも、暫くはそんな後悔が続くんだろうなぁって思っています。

年が明け、いつもとは違う新年。
家族が1人いなくなるというのは、とてつもない寂しさに襲われます。
でも後ろばかり向いていてもいけないので...
今年は去年できなかったことをしたいです。
去年よりは自分自身に時間を使っても良いかなと...

そんな2013年。
今年も仕事は頑張り過ぎない程度に頑張り、好きなことも無理の無い範囲で続けていきたいと思っています。
秘密

トラックバックURL
→http://happydaysaori.blog29.fc2.com/tb.php/1857-a7caa45b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。