-------- --:-- | category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-03-18 23:59 | category:イベント・Live・舞台感想
開催が発表された時からずっと楽しみにしていた「ときメモGS文化祭」
以下、参加しての感想です。
が!
物販のあまりのひどさに愚痴も多めです。
そしてGS好きなあまりちょっと痛い感想になってたらすみません(笑)
それでもよろしい方だけ続きをどうぞ...
(長いですよ)

GS10周年文化祭

web clap



何時に行こうか迷ったけど、前日ご出演者の方宛にお手紙を書いていたら寝るのも遅くなり...
結局会場に到着したのは9:30過ぎでした。
イベントホール前には入場列が出来ていたけど、入場するのにはそんなに時間はかからなかったです。
ホールに入場して目に入ったのは、チケット販売の長蛇の列。
そして頭で理解するより早く耳に飛び込んできた言葉は「プラネタリウムは今並んでいる方で完売です!」
「え?えぇー!?」
もう、この言葉しか出てこなかったです。
私の周りも同じような反応。
だって、私ステージ以外で一番楽しみにしていたのが「葉月くん解説のプラネタリウム」だったんです...
開場して1時間で完売ってどんだけ数が少ないの?
それでも、「もしかしたら...」との思いでプラネタリムチケット発売の列に近づいたのですが、聞こえてくるのはやはり「プラネタリムは完売です」の声...
もう諦めるしかなかったです...
とりあえずパンフを買いに行ったのですが、コナスタブースの列は外に出来ていて...
それでも、パンフのみだったのでこちらは何とか購入することができました。
お友達とも合流できたけど、この後何に並ぼうか...
とにかくどこも長蛇の列で購入するのには何時間も待つらしく、とても2箇所以上回れる余裕は無かったです。
時間的にも精神的にも体力的にも...
グッズは後で購入できる可能性もあるので、「はば学&はね学購買」に並んだのですが、料理系ブースは更に時間がかかるという事が途中で解りました。
私、もっと手際良くやってくれてると思っていたので...
が、今更他ブースに並んでもステージ開演までに買えるかどうかも解らなかったし、結局移動はしなかったけどやっぱり買えませんでした...
もうねぇ、言葉が出ないです。
味とかどうであれ、やっぱり購買で何か買って食べてみたかったし、珊瑚礁にも行ってみたかった。
ペンライトとかも欲しかったけど、何も食べれず何も買えませんでした。
ホント唯一パンフのみ購入。
パンフはコナスタブースだったし、途中で購入列を分けていたから割とスムーズだったかもしれないけど、他ブースがとにかく酷かった。
あえて名指しするけど、アニメイトとか!
もう散々色んなところで物販やってるでしょ?
なのに、何で毎回毎回こうも手際が悪いの?
学習能力が無いのか、学習する気がないのか、買うのに時間がかかるのは仕方が無いと思っているのか...
でも、やっぱり一番責任を感じてしかるべきなのはコナミだと思いますけど!
はぁ~ 本当に愚痴ばっかりですみません...
購買列を離脱して、会場外にいるお友達と合流。
何も食べてなかったので(あっ、お友達にチョコもらったけど)コンビニで食料調達。
その後はステージパート開演です。
ステージはAブロックだったし、センター席だったのでオペラグラス無しでも充分でした。
記憶が少しあやふやなので順番が違ってたらすみません...
ステージパート開催前に注意事項がありました。氷室先生から...
子安さんのご出演は無いけど、この注意事項を読み上げるのはきっと氷室先生だと思っていました。
とてもとても厳しい先生だけど、その厳しさ以上に生徒の事を思ってくれる先生だと、私はそう思っています。
結果自分の為なんだろうけど、GSプレイ時には氷室先生に褒められたくて勉強も吹奏楽も必死で頑張りました。
その頑張りを氷室先生はきちんと見てくれて評価してくれる。そういう所が大好きです。
でも、注意事項を「一つ!」と言いながら伝えていく感じはやっぱり怖かった(笑)
注意事項を読み上げた後、「最後にこれが一番大事だ...」とか言ったんですよね。
この前フリはもしや...いや、絶対にあの台詞だ!と思ったのは大当たり。
きっとGSをプレイしてる方なら簡単に想像できたと思います。
氷室先生は「Let's blow!」と...
会場からの悲鳴が凄かったし、私も思わずキャーって言っちゃいました(笑)
凄く好きな台詞だし、この言葉を聴くために3年間吹奏楽部を頑張ったことを思い出しました。
そして、ステージパート開会の辞は理事長。
初めてGSをプレイして初めて卒業式を迎えたときに、理事長の言葉を聴いて感動したなぁなんて思っていたら...
理事長からも「諸君!はばたけ!」の言葉が...
もう、私この時点ですでに泣きそうでした(笑)
続いてステージ上の大きなスクリーンにシリーズごとの映像が流れました。
PS2版はOP映像だったかな?
GS3だけはDVDに収録されている映像でしたね。私、あの映像のニーナが超好きなんです
その後にゲストの皆様がステージに登場でした。
緑川さんはもう存在自体というか、ステージ上にいらっしゃるという事だけで感動。
だって、ずっとずっと会いたかったんです。
葉月くんな緑川さんに...
諏訪部さんは、今回もキャラを意識しての髪型にするなど、いつもと同じでそういうところにすごく気を使っているなぁという感じでした。
最初に皆様が自己紹介。あくまでもゲストという立ち位置の為か自己紹介でも「○○役の~」という言葉はなく、皆様普通に自己紹介されてました。
ステージパートのMCは千尋さんと野島さん。
そして、ステージには内田Pと小松原さんが登場。
小松原さんはすでに感無量と言った感じで涙ぐみながらのご挨拶でした。
何だかもうしめに入ったようでしたけど、私も思わずもらい泣きしちゃいましたよ~
文化祭エリアを紹介するのは氷上くんと赤城くんだったのですが、この2人が喋るときに千尋さんと野島さんはステージからはけると言う徹底ぶり(笑)
他のゲストの方も同様、スクリーンに映し出されたキャラが喋っている時にステージにゲストの方がいらっしゃる事はなかったです。
キャラはキャラ、ゲストはあくまでゲスト。そういう位置関係でもってステージパートは進んでいきました。
文化祭の各会場にいる王子達とのやりとりがよかった。
照れてる葉月くんとか可愛かったし、ちょっとぶっきらぼうな佐伯くんも何だか懐かしかった~
ゲストの皆様がステージにいる時のコーナーとしては、飲食ブースで売られていたものの人気ベスト3を当てたり、コーディネート対決をしたり...
それぞれシリーズごとにチームを組んでました。
コーディネート対決はちょっと凄かった...
特に杉田さんと諏訪部さん!
あれはないよ。いや、面白かったけど、あれはないと思う(笑)
今回はいくら線引きしているとは言え、王子だよ...
でも、桜井兄弟ならああいう悪ふざけは好きそうかな(笑)
Liveもすっごい、めっちゃめちゃ良かったです!!!
特に大浦さんの「stay」
私、GS2が発売された後の森田さんのイベントに行けなかったんです。
参加券は持ってたけど、息子が熱出してしまってたので...
そのイベントって大浦さんも来るって事だったので、生で「stay」が聞けるのを本当に楽しみにしてたんです。
その後、大浦さんのライブに行って聞くことは出来たけど、やっぱりGSイベントで聞くとまた別格。
すごぉく好きな曲だけあって、この会場で聞くことが出来てまた感動。
「stay」は歌詞も曲も大浦さんの歌い方も本当に全部大好き!
「学園演劇」も超楽しかった~!
今日いらっしゃらない皆様のお声も聞くことができたし、内容がキャラの個性が良く出てて面白かった。
きーやん、じゃなくて真嶋くんのイカ悪魔のインパクトが強すぎたけど、喋るたびに笑いっぱなしでした(笑)
あとはピンクパンサーのニーナが可愛すぎる
葉月くんと氷室先生と赤城くんとニーナ、この4人がどんだけ好きなんだ!って改めて思いました。
最後のご挨拶で杉田さんが「僕もGSプレイしてて、氷室先生と車で帰ったりしました」と言い、会場はまた大爆笑。
うんうん、私も一杯氷室先生と帰りました。
皆様、それぞれのGSに対する思いを述べ、その言葉に胸が熱くなったり、ゲームプレイをしてた当時のことを思い出したり...
そして最後、緑川さんのご挨拶。
「泣きそう。杉田くんがいる時にいっつも泣いてるね...」という緑川さんが...
すみません。本当に心の底から「可愛い!」と思いました。
杉田さんも「大丈夫ですか?僕が胸貸しますよ」と言いながらも、緑川さんが涙で声を詰まらせると「大丈夫ですよ。ほら、ここに檜山さんいますから。ここにも檜山さん。ここにも檜山さん!」と。
それに対して森田さんからは「檜山さんばっかりじゃねーか!」とのツッコミが(笑)
杉田さん、緑川さんが本泣きしてしまったので、少しオロオロしてた感じでした。
緑川さんは「ファーストのみんなも来たがってた... GSはこれからも続くけど... ファーストの事も忘れないで...」と涙ながらに仰ってました。
あぁ、思い出して書いてる私がまた泣きそう...
緑川さんにね、言いたい...
忘れるわけないじゃないですか! 忘れられるわけがないです!
シリーズそれぞれの良さがあるのはもちろんですが、でも1があったから2に続いた。1と2があったから3に続けることが出来た。
その最初の王子であり、その葉月くんを演じたのが緑川さん。
私は発売当時にプレイしたわけではないのですが、当時はまだあまり乙女ゲームというものの地位が今ほどはっきり確立してなかったのだと聞いています。
ましてや、本家ときメモの女性版。
多くの方が書いている事ですが、色んなプレッシャーがあったのだと思います。
キャラを作品を愛し、それを全面に出す緑川さん。
私が好きになったのは、そういう緑川さんです。
緑川さんを好きになったからGSに出逢うことができた。
それが今でも続いているんです。
忘れられないですよ...
葉月くん攻略だって、すっごくすっごく大変だったんだから!
それでも、一番達成感がありました。
全シリーズを通してもそれは変わりません。
GSはこれからも続くと思うけど、ちゃんと時々葉月くんに、他のみんなに逢いにいきます。
何でも全ての人に受け入れてもらうのは無理だと思っています。
でも、私にとってはGSは特別。
他のどんな乙女ゲームをプレイしても、GS以上と思えるものには出逢えていません。
GS大好きです。
これからもずっとずっと応援してます。
ステージ最後は大迫ちゃんからの「帰るまでが文化祭だ!」の言葉があり、スクリーンにも歴代王子からのコメントがありました。

レポは参加された方が沢山書いていらっしゃるし、私は本当に感想のみ...
自分のために書いて残しておきたかっただけなので、レポとしては足りないところだらですみません。
物販には本当に不満ばかりです。
でも、緑川さんのあの涙ながらの思いにそれも今回は目をつぶってもいいかなと思えました。
ご出演者の皆様、素敵で楽しい時間を本当に本当にありがとうございました。
GS大好き!
秘密

トラックバックURL
→http://happydaysaori.blog29.fc2.com/tb.php/1831-4a62addc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。